音声認識トリガー

音声認識に基づいて応答をトリガーするには、音声認識トリガーを使用する必要があります。 音声認識トリガーは、誰かが話している間、または誰かが話し終えた後に機能するように設定できます。 また、コマンドとしてフレーズを含めたり除外したりすることもできます。

音声認識トリガーを使用するには、聞き取り機能を有効にする必要があります。

音声認識の正確性を向上するためには:

  • マイクの近くで話してください
  • 周りに騒音がない場所で実行してください
  • 発音・発声を正確にしてください
[object Object]

例)円の中にあるボタンをTapしたら音声認識を開始し、ユーザが話し始めたら円の色が変わるように設定する

トリガーポイント

レスポンスが発生する時点を設定します。

「話す」を終了する

プロトタイプが作動しない場合、プロトタイプがそれ以上話をピックアップしない場合は、話をストップしたことを意味します。音声認識レスポンスでContinuousを選択した場合、このトリガー地点は作動しません。

話をしている時

ユーザーが話している間、つまり音声が認識される間に作動します。

コマンド

コマンドが選択されると、特定コマンド(単語または文章)がスピーチに含まれる、または含まれない時にだけトリガーが作動します。

フレーズ(含む)

ユーザーが話した内容の中にコマンドで定められた単語が含まれた場合、レスポンスを起動させます。複数の単語、フレーズまたは文章を入力する際には改行で区切りできます。

[object Object]

例)ユーザーが話した内容の中に「ProtoPie」または「Prototyping Tool」が含まれた場合、logoを表示します。

フレーズ(含まない)

ユーザーが話した内容の中にコマンドが含まれていない場合、レスポンスを発生させます。

[object Object]

例)ユーザーが話した内容の中に「ProtoPie」が含まれていない場合、「How about ProtoPie?」というメッセージを表示します。

フレーズ認識

周りの騒音で音声が認識されなかったり、ユーザーが何もしゃべらない場合、レスポンスが作動するように設定します。

[object Object]

例)音声を認識できなかった場合に「Please say it again.」というメッセージが表示されます。

Back To Top