MenuToggle Menu

ProtoPie ConnectでのGamepadプラグイン利用

Pro及びEnterpriseプランで利用することができます。

GamepadプラグインはProtoPie Connectに組み込まれたプラグインの1つであり、ダイナミックなマルチデバイス・プロトタイプ環境を作ることができます。本文をお読みになり、Gamepadプラグインの利用方法をご確認ください。

利用方法

事前準備

パソコンの「セキュリティー及びプライバシー設定」でProtoPie Connect及びブラウザの入力モニタリングを有効にします。

[object Object]

設定方法

1. ProtoPie Connectを開きます。

2. GamepadをUSBまたはBluetoothを介してppConnectが実行されているデバイスに接続します。

Gamepadが認識されるとプラグインセクションに接続完了のメッセージが表示されます。

[object Object]

3. Gamepadのボタンを押すとppConnectが自動的にキー入力を認識し、メッセージと値のペアをppConnectで実行されているPieへ転送します。

複数のGamepadに接続

ppConnectは複数のGamepadの接続に対応します。

  • メッセージは以下の形式になります。
    • {Gamepad Number}_{Button Name}
  • Gamepad Numberは以下の接続順番によって1から割り当てられます。
    • 最初に接続されたGamepadのGamepad Numberは1になります。
    • 次に接続されたGamepadのGamepad Numberは2になります。
  • 接続されたゲームパッドの数はGamepad Settingsのウィンドウに表示されます。

Gamepadのボタン及びメッセージ

Gamepadのボタンとメッセージは以下のようになります(最初に接続されたゲームパッドからメッセージを受信する場合)。

[object Object]

Gamepadプラグイン – ボタン及びメッセージ

Gamepadのボタンとメッセージは以下のようになります(最初に接続されたゲームパッドからメッセージを受信する場合)。

Gamepadのボタン及びメッセージ

Gamepad buttonppConnect MessageValue
LT1_button610,0
LB1_button41,0
RT1_button710,0
RB1_button51,0
X1_button21,0
Y1_button31,0
A1_button01,0
B1_button11,0
Start1_button91,0
Back1_button81,0
11_button121,0
21_button151,0
31_button131,0
41_button141,0
RSB X axis1_axe210 to -10
RSB Y axis1_axe310 to -10
LSB X axis1_axe010 to -10
LSB Y axis1_axe110 to -10

ProtoPie Connectの組み込みプラグインの詳細を見る:(IFTTTプラグインLogitech G29 Steering WheelプラグインArduinoプラグインblokdotsプラグイン

Back To Top