Interaction Libraries

インタラクションライブラリーは、基本的にはProtoPie Cloudにあるコンポーネントの集合体であり、ユーザーとチームメンバーがプロトタイプ内のコンポーネントのインスタンスを非常に容易かつ迅速に使用できるようにします。

インタラクションライブラリーには、チームライブラリー、個人用ライブラリー、パブリックライブラリーの3種類があります。

  • チームライブラリー(チームプランおよびエンタープライズプラン):チーム内のエディターは、誰でもチームライブラリーを作成することができ、他のエディターを招待してチームライブラリーに変更を加えることができます。チームライブラリー内のコンポーネントは、チームの全エディターが使用できます。

  • 個人用ライブラリー(全プラン):クラウドの個人用スペースに個人用ライブラリーを作成できます。個人用ライブラリーでコンポーネントを使用できるのは、ユーザーのみです。

  • パブリックライブラリー(全プラン):パブリックライブラリー内のコンポーネントを、誰でも使用できる標準ライブラリーとして使用できます。例としては、Material DesignライブラリーとiOSインタラクションライブラリーがあります。

Creating Interaction Libraries

コンポーネントパネルのチームライブラリーまたはパーソナルライブラリーセクションの右側にある「+」ボタンをクリックすることにより、新しいインタラクションライブラリーを作成できます。ライブラリーに名前を付け、説明(オプショナル)を追加した後、「Create」ボタンをクリックしてライブラリーを作成します。

そうすると、新しいライブラリーウィンドウが開き、コンポーネントパネルに「現在編集中」とタグ付けされた現在のインタラクションライブラリーが表示されます。上部の紫色のバナーは、ライブラリ編集モードであることを示します。

Publishing Interaction Libraries

ユーザーとチームメンバーがインタラクションライブラリーの最新のコンポーネントを使用するには、変更をクラウドに公開する必要があります。まず変更を保存し、紫色のバナーの右側またはProtoPie Studioの右上隅にある「Publish」ボタンをクリックします。

チームライブラリーの場合は、エディターであるチームのメンバーがこれらのコンポーネントをプロトタイプで使用できます。

Adding Component Instances

コンポーネントインスタンスを作成するには、コンポーネントパネル内にあるインタラクションライブラリーからコンポーネントをキャンバスにドラッグします。また、複数のインタラクションライブラリーからコンポーネントインスタンスを作成することもできます。

Updating Interaction Libraries

現在使用されているコンポーネントのインタラクションライブラリーが更新されている場合は、「Update library」アイコンに通知が表示されます。「ライブラリー更新」ウィンドウで、更新するインタラクションライブラリーを選択できます。必要に応じて、右上隅にある更新アイコンをクリックして手動で更新があるかどうかを確認できます。

Export as New Library

必ずしも最初にライブラリーを作成してからコンポーネントを追加する必要はありません。ローカルコンポーネントを含むPieがすでにある場合は、「File」メニュー内に「Export as New Library」をクリックして、新しいライブラリーとしてエクスポートします。

このようにして、Pieに含まれるすべてのコンポーネントをライブラリーにまとめてアップロードできます。

Handling Conflicts

他のユーザーが変更を加えて、現在編集中の同じインタラクションライブラリーに公開した場合は、警告メッセージが表示されます。自分の変更で上書きするか、自分の変更を破棄してライブラリーを新しいバージョンに更新することができます。