MenuToggle Menu

ProtoPie ConnectのProプランとEnterpriseプランの比較

ProtoPie ConnectはProプランとEnterpriseプランの両方でご利用いただけますが、ProプランとEnterpriseプランでは使用に際して異なる点がございます。

プランの違いについては下記の表をご覧ください。

特徴ProプランEnterpriseプラン
複数のプロトタイプの同時作動可能可能
デスクトップブラウザでのプロトタイプの作動と再編成可能(ローカル、LAN)可能(ローカル、LAN)
オフラインでのプロトタイプの作動可能可能
プロトタイプ、ハードウェア、API間でのメッセージのデバッグ制限あり可能
リアルデータまたはAPIと通信するプロトタイプの作動制限あり(IFTTT、Webhooksのみ)可能
Arduinoと通信するプロトタイプの作動可能可能
Google Wear OS搭載スマートウォッチでのプロトタイプの作動不可可能
カスタムハードウェアと通信するプロトタイプの作動不可(Arduino、Logitech G29のみ)可能(カスタムプラグイン)
Socket.IO の拡張とカスタム
不可可能(カスタムプラグイン)
組み込みシステムまたはLinux環境でのプロトタイプの実行不可可能(Connect Embedded)

カスタムプラグインを使用して組み込みシステム(Connect Embedded)でプロトタイプを作動できるのはエンタープライズプランのみです。

Back To Top