スタートガイド

ProtoPie 3.9から数式と変数を支援します。インタラクションで固定値ではない四則演算および関数を組み合わせた可変的な数値を活用することができます。特に、レイヤのプロパティの値を参照したり、変化する値が保存できる変数を組み合わせて、インタラクションをよりダイナミックで簡潔に作ることができます。

数式入力

四則演算にレイヤのプロパティを参照して可変的な数値が入力できる入力機です。変数と関数が同時に使用できます。プロパティインプットの開くボタンを押すと現れ、数式入力のための自動完成機能が使用できます。

チュートリアル

数式

Formular(数式)機能の基本的な使い方です。レスポンスに値を入れるときに、レイヤの座標を直接参照することで、固定された値で変化するインタラクションではなく、動的に状況によって変わるインタラクションが作れます。

変数

Variable(変数)の基本的な使い方です。Variable(変数)には数字、文字、色の値が割り当てられ、アサインレスポンスを用いてvariable(変数)の値を変更してそれに従って変化するインタラクションが作れます。

タブメニュー

レスポンスの数値に固定値でない数式が入力でき、他のレイヤプロパティが数式に使用できます。青いレイヤをMenu2の位置に移動したい場合、’Menu2’.xのように書くことができます。

スピンナー

変数を使って1ずつ増加したり1ずつ減少するspinner (スピンナー)が作れます。

リップル効果

擬似変数を使って画面をタッチする位置の座標値を持ってくることができます。タッチする位置からリップル効果を作るにはリップルレイヤの移動レスポンスの座標にそれぞれ$touchX, $touchYを入力します。

テキスト入力

`layerName`.text プロパティを使用するとテキストインプットに入力されたテキスト値が参照できます。数式インプットで文字列演算を使うと他の文字列との組み合わせもできます。