MenuToggle Menu

Adobe XD からのインポート

Adobe XD からデザインをProtoPieにインポートするにはプラグイン をご利用ください。

Adobe XD用ProtoPieプラグインをインストールして、Adobe XDでプラグインを開きます。

Adobe XD用ProtoPieプラグイン

Adobe XDのProtoPieプラグインのダウンロードとインストールはこちらから。インストールにはProtoPie5.3またはそれ以上のバージョンが必要です。

Adobe XD用のProtoPieプラグインを使用するとより簡単に迅速にデザインをAdobeXDからProtoPieにインポートが可能となります。既存のLegacyインポートと異なり、Adobe XDで作業した内容のままProtoPieにインポートすることができます。

アートボードをシーンとしてインポートし、Adobe XDと同じレイヤー階層、配置、および条件を持つオブジェクトをインポートします。

ProtoPieへデザインをインポートする間は、Adobe XDを継続的に立ち上げておく事をお勧めします。

Adobe XDからProtoPieへのインポートは初めてですか?お試しファイルを使って試してみませんか?

インポートは下記の機能に対応しています

  • Visibility
  • Lock
  • Position
  • Size
  • Rotation
  • Opacity
  • Constraints
  • Fill (solid color & image)
  • Borders
  • Shadow

ProtoPieのレイヤーの詳細についてはこちらをご覧ください

Adobe XDプラグインでは下記の事項が可能です。

  • 1つまたは複数のアートボードとオブジェクトをインポートします
  • アートボードをシーンとしてインポートします
  • 選択したものをインポートします
  • ベクターレイヤーをSVGとしてインポートします
  • テキストレイヤーをテキストレイヤーに変換できるSVGとしてインポートします
  • 制約条件をそのままインポートします
[object Object]
シーンとしてインポート

同じ名前を維持したまま、AdobeXDのアートボードをProtoPieのシーンとしてインポートします。 1つまたは複数のアートボードをシーンとして一度にインポートすることができます。 アートボードをシーンとしてインポートする時のレイヤー階層はAdobeXDに基づいています。

オブジェクトのインポート
[object Object]

Adobe XDと同じレイヤー階層、配置、および条件にてオブジェクトをインポートします。 1つまたは複数のオブジェクトを一度にインポートすることができます。

AdobeXDのコンポーネントとコンポーネントインスタンスはコンテナとしてインポートされます。 ProtoPieではそれらをコンポーネントに変換して保存します。 [詳しくはこちらから]

[object Object]
SVGとしてインポート

AdobeXDのベクターレイヤーをSVG(Scalable Vector Graphics)としてProtoPieにイaンポートします。 プロパティを編集可能にするには、インポート後にShape(シェイプ)に変換して下さい。 ProtoPieではまだ全てのSVGプロパティがサポートされておりませんのでご注意ください。 [詳しくはこちらから]

テキストレイヤーをインポートする

AdobeXDのテキストレイヤーをSVGとしてProtoPieにインポートします。 プロパティを編集可能にするためには、インポート後にテキストレイヤーに変換します。 [詳しくはこちらから]

再インポート

通常、Adobe XDから再インポートされたアートボードとオブジェクトは、以前インポートされたものから上書きされます。 ただし、いくつか例外があります。

  • ProtoPieでインポートされたオブジェクトの一部のプロパティを変更した場合、再インポートしても変更がオブジェクトには適用されません
  • インポート後にレイヤー階層を変更した場合、再インポートしても変更したレイヤー階層は適用されません。 (例)インポートしたレイヤーを新しく作成したスクロールコンテナーに追加する
  • 削除されたインポートレイヤーは、Adobe XDにてこの特定のレイヤーのみを選択してProtoPieにインポートしない限り、再インポートされません
  • シーンまたはオブジェクトの複製をしたい場合には、一度インポートしてから複製します。 (例)AdobeXDのアートボードを2つのシーンとしてProtoPieにインポートしたい場合。まずは一度インポートしてから、シーンを複製して2番目のシーンを作成します。
Back To Top