Touch Trigger

スマートデバイスで普遍的に使用されるタッチ基盤のトリガーです。タップ、長押し、ドラッグなど最も基本となるトリガーと2つの指を使用するピンチ、ローテーションのようなマルチタッチジェスチャー基盤のトリガーを支援します。

Tap

レイヤーを一回タップした時にレスポンスを実行します。

Trigger Property

指の本数

最大,指5本まで同時にタッチができます。

Double Tap

レイヤーを素早く2回タップした時にレスポンスを実行します。

Trigger Property

指の本数

最大,指5本まで同時にタッチができます。

Touch Down

レイヤーに指が当った瞬間にレスポンスを実行します。

Trigger Property

指の本数

最大,指5本まで同時にタッチができます。

Touch Up

レイヤーから指が離れる瞬間にレスポンスを実行します。

Trigger Property

指の本数

最大,指5本まで同時にタッチができます。

Long Press

レイヤーに一定時間長押しすると、レスポンスを実行します。

Trigger Property

指の本数

最大,指5本まで同時にタッチができます。

押している時間 (秒)

指先でタッチスクリーンの同じ位置を押す時間。

Fling

レイヤーをスワイプ時、対象になるレイヤーは動きません

Trigger Property

方向

指先が動く方向を設定します。

Pull

プルは成功と失敗の概念があるトリガーです。レイヤーを一定距離以上または一定速度以上にドラッグしたとき成功だと認められます。成功した場合、現在レイヤーの座標からユーザーが入力した距離だけ移動し、失敗する場合は元の位置に戻ります。

Trigger Property

方向

指先が動く方向を設定します。

距離

プルが成功したときレイヤが移動する距離を設定します.

オーバープルを許可

レイヤーの移動距離を超過してドラッグする場合の動きを設定します。

Easing

レイヤーが動く加速度を設定します。

Drag

レイヤーをドラッグして動かしたり、指の移動距離に応じてサイズと角度を調整することができます。

Trigger Property

指の本数

最大,指5本まで同時にタッチができます。

The response properties linked to drag triggers

方向

指先が動く方向を設定します。

制限

レイヤーが動く範囲の上限を設定します。

比率

レイヤーがドラッグされる距離と指が動く距離の比率を設定します。数値が100の時1:1の比で動いて、数値が大きくなるほど指の動きよりレイヤーの動きが大きくなります。

Pinch

二本の指がタッチスクリーンに触れた状態に指の間隔を広げたり狭めたりする動作でレイヤーのサイズが調整することができます。

The response properties linked to pinch triggers

方向

指が動く方向を設定します。

回転軸

レイヤーのサイズや角度が変化する基準点を設定します。

制限

レイヤーが動く範囲の上限を設定します

Rotate

二本の指でレイヤーをつかんで回転することができます。

The response properties linked to rotate triggers

回転軸

レイヤーのサイズや角度が変化する際の基準点を設定します。

Conditional Trigger

ユーザーが設定した条件を満たした時にだけレスポンスが実行されるようにします。

Chain

動くレイヤーがある時に、そのレイヤーの変化によって関連付けられた他のレイヤーを影響を与えます。

Trigger Property

Property

他のレイヤーのプロパティを変更する時に基準となるプロパティを選択します。

Response Properties after Chain

Trigger’s Layer Mapping Range 1

チェインのターゲットレイヤーの動作範囲を入力します。

Response’s Layer Mapping Range 2

チェインのターゲットレイヤーの動作に合わせて動くレイヤーの範囲値を入力します。

Range

レイヤーのプロパティが変わる際、ユーザーが設定した条件を満たした場合にレスポンスを実行します。ユーザーはレイヤーの座標やサイズのようなプロパティを直接設定した値を基準にして、基準より大きい小さいまたは含む含まないなどの状況に対する条件を設定することができます。

Trigger Property

Greater than or equal to 1

ターゲットレイヤーのプロパティが特定の値以上の時に実行されます。

Less than or equal to 2

ターゲットレイヤーのプロパティが特定の値以下の時実行されます。

Between 3

ターゲットレイヤーのプロパティが特定範囲内の値になったときに実行されます。

Not between 4

ターゲットレイヤーのプロパティが特定範囲内の値にならなかったときに実行されます。

Start

プロトタイプが実行されたりシーンが転換された時に別途のトリガーなく自動でレスポンスが実行されます。

Trigger Property

Start After Jump

前のシーンのジャンプレスポンスにtransition(転換)を使う場合、transitionが完了してからスタートトリガーが実行されます。

Start With Jump

前のシーンのジャンプレスポンシブにtransition(転換)を使う場合、transitionと同時にスタートトリガーが実行されます。

Restart Every Time

シーンが実行されるたびにスタートトリガーを実行します

Detect

レイヤプロパティまたは変数が変わるときレスポンスを実行します。

Mouse Trigger

デスクトップで使用されるマウス向けのトリガーです。

Mouse Over

マウスのイベントです。マウスがオブジェクトと重なった際にレスポンスを実行します。

Mouse Out

マウスのイベントです。マウスがオブジェクトから離れた際にレスポンスを実行します。

Key Trigger

Press

外部キーボードとアンドロイドのキーが押されるとレスポンスを実行します。

Trigger Property

Keyboard

0~1, A~Z, Space, Tabなどのキーが選択できます。

Android

アンドロイドのバックキーとボリュームアップ、ダウンキーが選択できます。

Input Trigger

キーボード(スマートデバイスのネイティブキーボードを含め)を通して直接入力できるインプットレイヤで使用可能なトリガーです。入力後にキーボードからリターンキーをタップしたり、インプットレイヤにフォーカスイン又はアウトされる時点に動作するインタラクションが作れます。

Focus

インプットレイヤにカーソルがフォーカスイン/アウトされた時、レスポンスを実行します。インプットの状態値によって異なるデザインを作るときに使用します。

Trigger Property

Focus In

カーソルがフォーカスインされると、レスポンスを実行します。

Focus Out

カーソルがフォーカスアウトされると、レスポンスを実行します。

Return

外部のキーボード又はモバイルキーボードでリターンキーを押すとレスポンスを実行します。

Sensor Trigger

デバイスのセンサーが使用できます。デバイス周辺の音の大きさ、デバイスの傾きなどを活用してレスポンスをコントロールするインタラクションを作ることができます。

The response properties linked to sensor triggers

柔らかさ

センサーの値にマッピングしたレイヤーの動きをなめらかにする補正ができます。1補正をしていない基本設定になっており、2と23とはなめらかに補正された動きを表現します。[2より3に強めの補正がかかります。

Mapping Range - Device's Sensor 4

インタラクションを実行させるセンサーの値の範囲を入力します。

Mapping Range - Response's Layer 5

センサーの値に合わせて動くレイヤーの範囲の値を入力します。

Tilt

デバイスを傾ける角度によってレスポンスを実行することができます。

Trigger Property

軸心

デバイスが回転する回転軸を選択します。

Compass

デバイスの羅針盤機能を利用してデバイスが向く方位によってレスポンスを実行することができます。

Sound

デバイス周辺の音の大きさによってレスポンスを実行することができます。

3D Touch

3DTouchに対応したiPhoneのみ、タッチスクリーンを押す強度によってレスポンスを実行できます。押す強度の値は最低0から最大6.7まで認識できます。

Proximity

デバイスの近接センサーを使用することができます。近接センサーから離れたり、近づいた時にレスポンスを実行します。

Trigger Property

離れるとき

デバイスが近づいた時にレスポンスを実行します。

近づくとき

デバイスが離れた時にレスポンスを実行します。

Receive

Receiveトリガーはデバイス間の相互作用を可能にします。これらのトリガーは単体では使用できず、Sendレスポンスと共に使用する必要があります。レスポンスは、Receiveトリガーを持つデバイスがSendレスポンスを使う別のデバイスからメッセージを受け入れると、アクティブになります。あるデバイスで受信したメッセージは、他のデバイスから送信されたものと一致する必要があります。 さらに、 Sendレスポンスと組み合わせたReceiveトリガーは、相互作用をモジュール化するシーンとして、または、繰り返し作業を避けて一連のレスポンスを再利用することができます。

Trigger Property

チャンネル [Component]

Componentの内部でSend Responseを使いメッセージを送れます、そしてこれはComponent外部のReceiveトリガーに受信できます。これもまた反対にも作用します。総裁な内容は Components を参考してください。

チャンネル [ProtoPie Studio]

デバイス間のやり取りを可能にするチャンネルとしてProtoPie Studio を選択します。

チャンネル [Android Broadcast]

Android Broadcastは、Androidデバイス上のプロトタイプが他のAndroidアプリや外部ハードウェアと通信することを可能にします。詳しくは、こちらをご参照ください。

チャンネル [Current Scene]

相互作用をモジュール化したり、繰り返しの作業を避けながら一連のレスポンスを再利用するために、1つのシーンでRecieveトリガーとSendレスポンスを使用することができます。

アイディー

転送する文字列を設定します。Send(送信)レスポンスで設定した文字列とReceive(受信)トリガーで設定した文字列が一致するとき,デバイス間のインタラクションが実行できます。

変数に割り当てる

Sendレスポンスでmessage(メッセージ)と一緒に特定値を伝達することができます。伝達された値を変数に保存して使用できます