Intro

ProtopieはUI/UXデザインアイデアをモバイル、デスクトップ、ウェブそれにIoTに至るまでの高度のInteractive Prototypeに変えるのに使える最も使いやすいツールです。

デザイナはコードなしでとても現実的なInteractive Prototypeを作り、デザインアイデアの分析、検証そしてテストをすることができます。

Explore interaction design ideas

エンジニアの助けがなくても様々なインタラクションを実現することができます。

Validate assumptions

精巧なインタラクションを簡単に説明することができます。

Communicate interactions

開発前の段階でもユーザーのフィードバックを容易に受けることができます。

Make interaction design the epicenter

Bring the people who matter together and drive interaction design as an organizing principle.

Conceptual Model

プロトパイの概念モデルは、自然界で物体が動く原理に基づいています。インタラクショ ンの対象となるオブジェクトが存在し、そのオブジェクトに対してのインタラクション は、トリガーによって制御され、そのレスポンスが結果として返ってきます。

上の例でスクリーンに見えるオブジェクトをタップする動作はトリガーで該当し,タップ したオブジェクトが動く反応はレスポンスです。

自然界で元素が数多くの組み合わせによって様々な物質を構成するように,プロトパイで は様々なトリガーとレスポンスを組み合わせることで多様なインタラクションを作り出す ことができます。上の表で左側はトリガーを,右側はレスポンスを意味します。中央はト リガーとレスポンスが有機的に結合されたコンポーネントを意味します。

Why ProtoPie?

プロトパイを利用することで得られるメリットは大きく四つげられます。

1. Low learning cost

プロトパイは直観的に理解できる概念モデルを持っているとともに、他のグラフィックツ ールと類のUIで構成されており、他のデザインツールに慣れている方なら容易に使用でき ます。

2. Code Free

プロトパイはコーディングをしなくても精巧なプロトタイプが手軽に制作することができ ます。複雑なコードや関数の代わりにインタラクションピース(トリガー,レスポンス)を 組み合わせることで 多様なインタラクションが表現できます。

3. Multi-finger gestures & sensors

プロトパイはマルチタッチに対応していますので、二本指や三本指などを使用したインタ ラクションを活用するプロトタイプを制作することができます。また,スマートフォンに 搭載されている様々なセンサーを利用することができます。また、他のプロトタイプとは 違い、デバイス間通信が必要なサービスデバイス向けのプロトタイピングも可能です。

4. Test on real phones

プロトパイはスマートフォンからもプロトタイプを確認することができます。同時に複数 のデバイスでプロトタイプのテストができるため、チーム内のデザイン会議やユーザーサ ーベイをするときなど、様々な場面で活用できます