Intro

ProtoPieはProtoPieスタジオとProtoPieプレイヤーで構成されています。ProtoPieスタジオはデスクトップにインストールされるアプリケーションであり、プロトタイプの制作として使われます。制作したプロタイプはProtoPieプレイヤーに転送してスマートフォンでテストできます。

ProtoPie Player for iPhones and Android phonesSmart Phone
Available on the App Store GET IT ON Google Play

Connect to ProtoPie Player

ProtoPieプレイヤーは、ProtoPieスタジオで制作されたプロトタイプを実際のデバイスでテストできるようにします。ProtoPieプレイヤーは実際のモバイルアプリと同じネイティブアプリであるため、多様なインタラクションをより自然に表示しすることができます。

Scan QR code

  1. テスクトップにProtoPieスタジオ、スマートフォンにはProtoPieをインストールします。
  2. デスクトップとスマートフォンを同じ無線LANネットワークに繋ぎます。
  3. ProtoPieスタジオでツールバーにあるデバイスに接続(connect devices)ボタンをクリックすると以下のようにQRコードが表示されます。
  4. ProtoPieプレイヤーからスキャンボタンをタップするとQRコードスキャナーが開きます。表示されたQRコードをスキャンします。
  5. ProtoPieスタジオでツールバーにあるRunボタンを押クリックしたり、ProtoPieプレイヤーからRunボタンをタップすると、プロトタイプがProtoPieプレイヤーに転送されます。
  6. ProtoPieスタジオでプロトタイプを修正した場合は、再びRunボタンをクリックすることで新しく転送できます。

** 無線LANネットワークやIPアドレスが変わった場合にはQRコードをスキャンし直します。

Type IP address

  1. デスクトップにProtoPieスタジオ、スマートフォンにはProtoPieをインストールします。
  2. デスクトップとスマートフォンを同じ無線LANネットワークに繋ぎます。
  3. ProtoPieスタジオからツールバーにあるデバイスに接続(Connect Device)ボタンをクリックすると、以下のようにQRコードと一緒にデスクトップのIPアドレスが表示されます。
  4. ProtoPieプレイヤーでタイプ(TYPE)ボタンをタップするとIPアドレスが入力できる画面が表示されます。
  5. 次にProtoPieスタジオのデバイスリストウィンドウからQRコードを読み取ったスマートフォンを承認すると、ProtoPieプレイヤーがProtoPieスタジオと接続できます。
  6. ProtoPieスタジオでツールバーにあるランRunボタンを押したり、ProtoPieプレイヤーからRunボタンをタップするとプロトタイプがProtoPieプレイヤーに転送されます。
  7. ProtoPieスタジオでプロトタイプを修正した場合は、再びRunボタンをクリックすることで新しく転送できます。

** 最近入力したIPアドレスはIPアドレスを入力する画面、ProtoPieプレイヤーの接続画面やタイプ画面に表示されます。表示されたIPアドレスをタップするとProtoPieスタジオと接続されます。

** 同一の無線LANネットワーク環境でもIPアドレスは随時変更される場合があります。IPアドレスを入力する前にそのアドレスが最新であることを確認してください。

Connect through USB cable

  1. デスクトップにProtoPieスタジオをインストールしてスマートフォンにはProtoPieをインストールします。
  2. デスクトップとスマートフォンをUSBケーブルで繋ぎます。
    **この時AndroidはUSBデバッギングモードをアクティブにする必要があります。
    **WindowsでIPhoneに接続するためにはiTunesがインストール が必要になります。
  3. ProtoPieプレイヤーでプラグ(PLUG)ボタンをタップします。
  4. USBケーブル使用すると、デバイスリストウィンドウから承認を受けなくてもすぐ繋がります。
  5. ProtoPieスタジオでツールバーにあるRunボタンをクリックするか、ProtoPieプレイヤーからRunボタンをタップすると、プロトタイプがProtoPieプレイヤーに転送されます。
  6. ProtoPieスタジオでプロトタイプを修正した場合は、再びRunボタンをクリックすることで新しく転送できます。

Android USB Debugging

USBデバッギングをアクティブにする方法についての詳しい内容は次のイメージを参照

  1. Android USB Debugging01

    設定(settings)ページでデバイス情報(About Phone)ページに移動します。

  2. Android USB Debugging02

    ビルドナンバー7をタップすると者デベロッパーオプション(Developer options)が出ます。

  3. Android USB Debugging03

    デベロッパーオプション(Developer Options)をタップします。

  4. Android USB Debugging04

    USBデバッギングを活性化アクティブにします。

  5. Android USB Debugging05

    OKをクリックしUSBデバッギングを承認します。

Features of ProtoPie Player

指二本指でスマートフォンのスクリーンを連続で二回タップすると、プロトタイプ実行に関する様々なオプションがのウィンドウが表示されます。

Stop
実行中のProtoPieを終了し、ProtoPieプレイヤーのメイン画面に戻ります。
Restart
実行中のProtoPieを再起動します。
Save in ProtoPie Player
実行中のProtoPieのプレイ速度を調整します。
Control playing speed
現在表示しているProtoPieのファイルをデバイスに保存します。

** ProtoPieプレイヤーで調整した速度は一時的なものであり、ProtoPieスタジオで制作したインタラクションの再生速度には影響を与えません。

Bring your prototype files

ProtoPieスタジオがない場合にもProtoPieプレイヤーさえあればスマートフォンでプロトタイプが見せられます。ProtoPieスタジオでプロトタイプを保存した後に保存されたpieファイルをメールやメッセンジャーなど、様々な方法で送信します。

iPhone

  1. メールアプリやメッセンジャーアプリからpieファイルを実行すると以下のような画面が表示されます。共有ボタンを押クリックしてCopy to ProtoPie Player ProtoPieプレイヤーにコピー)を選択します。
  2. 自動でProtoPieプレイヤーアプリが実行され、プロトタイプが表示されます。
  3. 以降、ProtoPieを実行した時に、ブラウズ(Browse)タブでコピーしたpieファイルが見られます。

Android phones

  1. メールやメッセージで伝送されたpieファイルをダウンロードします。
  2. ProtoPieプレイヤーアプリを実行した後、ブラウズタブを選択します。
  3. ファイル探索をタブするとダウンロードしたpieファイルのリストが見れます。
  4. 実行するpieファイルを選択します。
  5. 次にProtoPieプレイヤーを実行すると、ブラウズタブでコピーしたpieファイルが見えます。

フォントの管理

プロトパイスタジオで使用したフォントを表示するためにはプレイヤーに該当のフォントをインストールする必要があります。

iPhone

インストールするフォントファイルをアイフォンで開けるようにメッセンジャーやメール、またはクラウドに転送しておきます。モバイルで添付ファイルを選択して共有ボタンを押すとプロトパイスタジオにインストールできます。

  1. iPhone Font Install 01
  2. iPhone Font Install 02

Android

フォントファイルをアンドロイドにダウンロードします。Setting(設定)のFont manager(フォントマネージャ)に入り、右上の’+’ボタンを押してダウンロードしたフォントファイルを選択するとインストールができます。

  1. iPhone Font Install 01
  2. iPhone Font Install 02
  3. iPhone Font Install 03
Language selector
TOP