MenuToggle Menu

ProtoPie Connect デスクトップ VS. エンベット

ProtoPie Connectには2種類からお選び頂けます。

  • ProtoPie Connect for Desktop
  • ProtoPie Connect for Embedded Systems

違いについては下記をご参照ください。

特長ProtoPie Connect for DesktopProtoPie Connect for Embedded Systems
動作環境デスクトップアプリターミナル
オペレーティングシステムmacOS & WindowsWindows, macOS, Linux ARMv7, and Linux ARM64
ユーザー認証エンタープライズプランのエディター権限にてログインデバイス1つにつきライセンスファイル1つ
オフラインログインするにはエンタープライズプランへの接続が必要使用可能
最新のプロトタイプProtoPie Connect は常に直近で保存された最新バージョンのプロトタイプを使用最新のプロトタイプは手動で追加が必要
ネットワークIP切替デスクトップアプリのIPネットワークに切り替えます起動スクリプトにフラグを追加して、特定のIPネットワークでProtoPie Connectサーバーを起動

ProtoPie Connect デスクトップ

ProtoPie Connect for Desktopは、デザイナー、メーカー、エンジニアが、macOSとWindowsを使用して接続されたデバイスとディスプレイでプロトタイプをテストするためのものです。

デスクトップに別の環境をセットアップする必要なく、ProtoPie Connectをスムーズに実行することができます。

[object Object]
  • サポートしているプラットフォーム:
    • macOS 10.11 ElCapitan以降
    • Windows 1064ビット以降
  • ストレージスペース:500MB以上
  • メモリ:1GB以上

ProtoPie Connectインストーラーにログインする

  1. ProtoPie EnterpriseのURLを入力します
  2. ”Connect”をクリックすると、ブラウザにログインページが開きます。
  3. ProtoPieエンタープライズのアカウントを使用してログインしてください。ログインできるのはエディター権限を持つアカウントのみです。
[object Object]

プロキシ設定を使用できます。 システムプロキシ構成または手動プロキシ構成を使用するには、”Proxy Settings”をクリックします。

[object Object]

ProtoPie Connect for Embedded Systems

ProtoPie Connect Embeddedは、RaspberryPiなどの組み込みシステムで実行するように設計されており、ターミナルから実行される、スタンドアロンサーバーのアプリケーションです。

ProtoPie Connect Embeddedは、Raspberry Piなどの組み込みシステムで使用するために、エンジニア、製品マネージャー、開発者、およびProtoPie Connect機能を必要とするIT管理者をサポートします。

ProtoPie Connect Embeddedは、ライセンスファイルベースの認証を使用します。 隔離された環境での使用をサポートしているため、ユーザーリサーチやユーザーテストに有効活用頂けます。

[object Object]
  • サポートしているプラットフォーム:
    • macOS10.11 El Capitan またはそれ以上.
    • Windows 10 64-bit またはそれ以上.
    • Ubuntu 12.04 またはそれ以上.
    • Fedora 221.
    • Debian 8.
  • ストレージスペース: 500MB またはそれ以上.
  • メモリ: 1 GB またはそれ以上.

ProtoPie Connect Embedded のインストール方法

1. 対応するオペレーティングシステムのインストールファイルを解凍します

  • Linux / Raspberry Pi:tarファイル
  • Windows:zipファイル
  • macOS:dmgファイル

2. 選択したディレクトリに解凍したファイルを移動させます

  • ProtoPie ConnectのEmbeddedバージョンを更新する場合は、既存のファイルを新しいファイルで上書きしてください。

ProtoPie Connect Embedded へのログイン

ProtoPie Connect Embeddedの認証は、ライセンスファイルを介して行われます。

  • ProtoPie Connect Embeddedを実行しているマシンごとに1つのライセンスとなります -インターネット接続は必要ありません
[object Object]
  1. 端末にProtoPie Connectをダウンロードして実行すると、端末はデバイスのデバイスIDを出力します。
  2. 表示されたデバイスIDをProtoPieのセールス担当者にご連絡ください。 弊社にて確認後、担当者から、license.txt形式のライセンスファイルをお送りさせて頂きます。
  3. 受け取ったライセンスファイルをProtoPie Connect Embeddedがインストールされている場所と同様のディレクトリに移動します。
  4. ProtoPie Connect Embeddedを再度実行し、次のログメッセージが表示されれば正常にログインできた事となります。: Licensed to YOUR NAME until YOUR EXPIRED DATE.
Back To Top