MenuToggle Menu

ProtoPie Connectを介してステアリングホイールを接続する

自動車産業での活用方法を例にとって、特定のニーズにも対応するProtoPie Connectをご紹介します。

ステアリングホイールは運転環境をプロトタイプで再現するのに重要不可欠なコンポーネントです。

Logitech G29ステアリングホイールを使用して、プロトタイピングとユーザービリティテスト用のシンプルなコックピットを構築しましょう。こちらをご参照ください。

このガイドはG29ステアリングホイールだけでなく、他のハードウェアにも適用されます。

ハードウェアの接続についての詳細はこちらをご参照ください。

ProtoPieのオート業界のプロトタイピング詳細については、こちらをご参照ください。

ProtoPie Connectのさまざまな設定方法について

設定は、ProtoPie ConnectとBridgeアプリが同じコンピューターまたはマシンで実行されているかどうかによって異なります。 設定に関して以下をご参照ください。

必要条件用途
USBポートとWiFi/ネットワーク機能を備えた1台のマシンProtoPie ConnectとBridgeアプリを実行し、USBを使用してLogitechG29ステアリングホイールを接続します。
LogitechG29ステアリングホイール
G29用のBridgeアプリ
GitHubをご参照ください
2つのタブレット(iPadまたはAndroid)または2つのモニターProtoPie Playerまたはデスクトップブラウザを介してProtoPie Connectでより大きなサイズのプロトタイプを実行します
スマートフォン1台(iOSまたはAndroid)ProtoPiePlayerで小さなサイズのプロトタイプを実行する

Logitech G29ステアリングホイール以外のハードウェアを使用している場合は、そのハードウェア用のBridgeアプリが必要です。

一つのマシンを使って設定する場合

ProtoPie ConnectとBridgeアプリを同じマシンにインストールすることをお勧めします。

[object Object]
  • スマートフォン、タブレット、モニターはすべてディスプレイ画面として機能します
  • ProtoPie PlayerはWiFi経由でProtoPie Connectに接続します
  • 同じマシンでProtoPie ConnectとBridgeアプリを実行します

異なるマシンを使って設定する場合

ProtoPie ConnectとBridgeアプリは異なるマシンでも実行できます。 ただし、これらの異なるマシンは、同じローカルエリアネットワーク(LAN)に接続する必要があります。

[object Object]

異なるマシンを使う場合の設定方法は、ProtoPie ConnectとBridgeアプリが異なるマシンで実行される以外は1台のマシンを使用する場合と基本的には同様です。

  • スマートフォン、タブレット、モニターはすべてディスプレイ画面として機能します
  • ProtoPie PlayerはWiFi経由でProtoPie Connectに接続します
  • 同じローカルエリアネットワーク(LAN)に接続された異なるマシンでProtoPie ConnectおよびBridgeアプリを実行します

その他の接続方法

スマートフォン、タブレット、モニターが別のマシンに接続されているという設定にも対応が可能です。

[object Object]
  • スマートフォン、タブレット、モニターの両方がディスプレイとして機能します。
  • ProtoPie PlayerがインストールされたタブレットはUSBでProtoPie Connectに接続します。
  • ディスプレイとして機能するモニターはデスクトップブラウザを使用して他の機器に接続します。
  • ProtoPie ConnectとBridgeアプリは、同じネットワーク(LAN)に接続されている異なるデバイスで実行されます。

情報フローを理解する

[object Object]
  • Logitech G29ステアリングホイールをBridgeアプリにイベントと値を転送します。
  • Bridgeアプリはイベントと値をSocket.IOに変換し、ProtoPieが認識できるようにします。
  • ProtoPie Connectに追加されたプロトタイプは、送信レスポンスおよび受信トリガーを使用してメッセージを受信して応答します。

Logitech G29ステアリングホイールのイベントと値の詳細については、こちらをご参照ください。

使用例

ステアリングホイールを左に回す

ステアリングホイールを左に回して、プロトタイプでレイヤーを回転させたり、色を変更したりできます。

[object Object]
  • Logitech G29ハンドルを左に完全に回すと、Bridgeアプリは入力されたイベントをProtoPieが認識できるメッセージに変換します。
  • ProtoPie Connectに追加されたプロトタイプはメッセージを受信し、色およびRotateレスポンスの変数に割り当てます。

ステアリングホイールのボタンを押す

ステアリングホイールのボタンを押して、2つの異なるプロトタイプが反応するようにします。

[object Object]
  • Logitech G29のボタンを押すと、Bridgeアプリは入力されたイベントをProtoPieが認識できるメッセージに変換します。
  • ProtoPie Connectに追加された2つの異なるプロトタイプは、設定されたインタラクションに従ってメッセージに応答します。
    • たとえば、1つは光を点滅させるように設定し、もう1つは「Emergency」というテキストを表示するように設定できます。
Back To Top