MenuToggle Menu

ブリッジアプリ

ブリッジアプリは、Socket.IOをサポートするハードウェア、API、またはアプリとProtoPie Connect間の通信を可能にします。 ブリッジアプリは、イベントを感知して、サーバーからデータを受信、場合によっては単一のアプリケーションとして機能します。 Socket.IOからのメッセージを介して、ProtoPie Connectはイベントとデータを解釈します。

サンプルのブリッジアプリを使用、調整するか、または独自のブリッジアプリを作成しましょう(コーディングが必要です)。

GitHubからサンプルのブリッジアプリを見つけることもできます。

ブリッジアプリを介してハードウェアを接続する

ブリッジアプリを介してハードウェアをProtoPie Connectに接続する場合、ブリッジアプリは信号をハードウェアからSocket.IOメッセージに、またはその逆に変換します。

  1. ブリッジアプリをProtoPie ConnectのSocket.IOサーバーに直接接続します。 サーバーは、ポート番号9981のIPアドレスを使用します。
  2. ブリッジアプリは、ハードウェアからの信号をProtoPieが理解できるようにSocket.IOメッセージに変換します。 通常、メッセージの形式は次のとおりです。
    {messageId:"HwEventName"、value:"ValueAssociatedWithEvent"}
  3. ProtoPie Connectは、送信されたすべてのSocket.IOメッセージをプロトタイプに中継します。
  4. 上記3で受信したすべてのメッセージに対してプロトタイプが応答します。 一部のハードウェアは双方向通信をサポートしているため、プロトタイプもハードウェアにメッセージを送信することができます。 ただし、ブリッジアプリがSocket.IOメッセージをハードウェアが解釈できる信号に変換できる場合にのみ可能です。

ブリッジアプリを通してAPIを接続する

ブリッジアプリを介してAPIに接続する場合、ブリッジアプリはAPI応答(JSONなど)を個々のSocket.IOメッセージに変換する必要があります。

たとえば、プロトタイプがAPIから気象データを取得する必要がある場合、ブリッジアプリは次のことを行います。

  1. JSON応答をSocket.IOメッセージに変換します。
    ◦ 例: {"weather": "sunny", "temperature-celsius": 30.5}
  2. 個々のSocket.IOメッセージをProtoPie Connectに送信し、ProtoPie Connectがそれらを任意のプロトタイプに中継します。
    {messageId: "weather", value: "sunny"},
    {messageId: "temperature", value: 30.5}

プロトタイプでは、受信トリガーを使用して、「天気」「温度」の両方のメッセージを受信する必要があります。 受信トリガーについての詳細はこちらをご参照ください。

同じマシンでブリッジアプリを作動させる

ProtoPie Connectとブリッジアプリは、同じコンピューターまたはマシンで実行される想定で、デフォルトでは、http://localhost:9981のアドレスが設定されています。

ブリッジアプリをProtoPie Connect に接続するにはhttp://localhost:9981に接続します。

[object Object]

異なるマシンでブリッジアプリを作動させる

ブリッジアプリとProtoPieConnectを異なるマシンで実行する場合は、アドレスをProtoPie ConnectのSocket.IOサーバーに設定します。 このサーバーは、ポート番号9981のIPアドレスを使用します。http://localhost:9981とは異なりますのでご注意ください。

  • ProtoPie Connect for Desktopの場合:管理タブ(Manage tab)でサーバーアドレスを確認してください。
[object Object]
  • ProtoPie Connect for Embedded Systemsの場合: ターミナルを起動したあとすぐの画面にてアドレスを確認できます。
[object Object]
Back To Top